環境と平和、そして美しい地球を守ろう みどりのコンサート29

神戸市役所センター合唱団で環境団体「アースデーひょうご」と共催で、毎年4月29日旧みどり日(現昭和の日)に「環境問題」を考える 「みどりのコンサート」を開催し、2021年で29回目を迎えます(昨年のコロナ感染の影響で中止)。今回は、2018年に当団が団創立55周年記念として信長貴富さんに第2作目となる委嘱作品として作曲を依頼し、初演した混声合唱曲集「あれは風だったのですか」を再演いたします。 この作品の詩人・故門倉詇さんの詩をもとに構成された6つの曲からなり、それぞれの詩の背景には平和への強い祈りがあります。ときにはシリアスに、ときにはパロデイー風に迫る珠玉の6篇の詩に信長貴富さんがとても素敵で格好いいメロディー、ハーモニーをつけてくださった作品です。 当日は超お忙しい中を、信長貴富さんも駆けつけてくださいます。乞うご期待ください。

チケットはこちらから